カズチーが食べたい!今すぐ買える販売店はここ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒大好きさん
この間知り合いにいただいた“カズチー”の味が忘れられない!
自分でも買ってみたいけれどどこで買えるのかな?
ネットでもいいんだけれど近所のお店でも売っていればラクチンなんだけれど…

この記事ではこんな疑問に答えます。

 

カズチーが買える販売店はここ!【ネットショップ編】

テレビや有名人の紹介で大人気になった井原水産の「カズチー」

2020年になった今でも各販売店で品切れ状態が続いています。

まずはカズチーが買えるネット通販の販売店をご紹介します。

楽天の販売店

楽天では「abマート楽天市場店」「くしろキッチン」の2ショップで販売されています。

カズチー 1袋×7粒【abマート】

井原水産 カズチー【くしろキッチン】

amazonとyahooショップ

井原水産 カズチー

 

 

リアル店舗では「カルディ」がおすすめ

カズチーは元々北海道の井原水産という会社で製造加工されている商品です。千歳空港、札幌三越 札幌丸井今井 きたキッチン 札幌市内イトーヨーカドーなど北海道の主要販売店で取り扱っています。

もちろん東京や大阪でも販売されています。

おすすめは全国に約350店舗の直営店をもつこだわりのお店カルディ

twitterで調べてみると、ここで出会う確率が高いようです。

ダンボールで大量に山積みされている場合もあり、お近くにカルディがあるのでしたら、ぜひ行ってみる価値はあります。

以前から比べ、かなり出会える確率が上がってきています。品切れだとしても「無かった」と諦めずに、次の入荷日など店員さんに聞いてみてください。

カルディの店舗一覧

 

成城石井でも結構カズチーは買える!

一方、カルディ以外に「成城石井」でも取り扱いがあります。

ちなみにお値段はカルディ、成城石井ともに7個入1袋税込で500円弱。ネットで買うと750円(送料無料)しますから断然安いですね。お近くにお店があるならおすすめです。

成城石井のある都府県
【東北】宮城県

【関東】 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【甲信越・北陸】 山梨県

【東海】 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

【関西】 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県

成城石井の店舗一覧

カズチーはふるさと納税でも買えるのか?

各地のおいしいものをお得に取り寄せられる「ふるさと納税」ですが、カズチーの取り扱いがあるのか調べてみました。

調査したのは以下の主要10サイト。

  • ふるなび
  • さとふる
  • 楽天ふるさと納税
  • ふるさとチョイス
  • ふるぽ
  • ぶるさとプレミアム
  • ふるさと本舗
  • ANAのふるさと納税
  • auWowma!ふるさと納税
  • Yahoo!ふるさと納税

しかし残念ながらいずれも取り扱いがありませんでした(泣)

一般の流通でも品切れ状態が続いているのでふるさと納税の返礼品にまで回らないのでしょうね。今後いつの日か取り扱いが始まるのを期待したいと思います。

 

なかなか手に入らないカズチーを自作する!

2020年になってもなかなか手に入らないカズチー。

「それならば自分で作れないものか?」と考える方強者もいらっしゃるのでは?

実際、以下のレシピサイトに投稿されている通り、そんな方が大勢いるようです。

クックパッドのカズチー似レシピ

Nadiaのカズチー似レシピ

正直、本物とは程遠い出来栄えですが、気分だけでもカズチーを味わいたい方はぜひお試しください。

カズチーと飲みたいお酒は?

カズチー購入者の声を見ていると、実に様々なお酒と合うことがわかります。

ワイン、ビールはもちろん日本酒にもレモンサワーにもよく合います。

実際にどんなお酒と一緒に楽しんでいるのかGoogleで検索しヒット数を調べてみました。

  • 「カズチー」+「ワイン」→14,800件
  • 「カズチー」+「白ワイン」→8,820件
  • 「カズチー」+「ビール」→15,000件
  • 「カズチー」+「日本酒」→8,820件
  • 「カズチー」+「焼酎」→11,300件
  • 「カズチー」+「レモンサワー」→10,100件
  • 「カズチー」+「ハイボール」→8,790件
  • 「カズチー」+「ウイスキー」→7,040件

こんな結果となりました。

予想通りワインとビールと楽しんでいる方が多いようですね。

意外にも日本酒やハイボールが少ないのには少し驚きました。
日本酒は良~く合いますよ。

 

カズチーの製造会社「井原水産」とはどんな会社なのか?

カズチーの製造会社「井原水産」は北海道留萌市にある水産会社。

昭和29年創業ということですがら、かなりの老舗といえます。

主力は数の子加工品。
お正月に購入する数の子やいくら、たらこなどのパッケージを見ると「井原水産」のものが多く出回ってると思います。

全国の高級料理店からも支持されている有名な水産会社です。

とはいえ、今の若い世代には数の子はそんなに食することはなくなってきています。

井原水産さんは「若い方に数の子を食べてもらいたい」「お酒のおつまみに食べてもらいたい」という想いから、小2年間、試作品の開発を繰り返し誕生した商品だそうです。

数の子の魅力である「パリパリ感」「プチプチ感」がチーズと見事にマッチし大ヒット商品になりました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。